GistTree.Com
Entertainment at it's peak. The news is by your side.

Zig: Statement Regarding the Zen Programming Language

0

Usual English model available below. We are thankful to 株式会社HYPERIA and your total contributors of the Zig neighborhood that helped us with the Japanese translation.

Zigソフトウェア財団は、Zigの開発者アンドリュー・ケリーによって創設された501(c)(3)非営利組織です。本財団はZigプログラミング言語開発のサポートと優れたグローバルコミュニティの育成を目的としています。

対してZenはコネクトフリー社によって保守されているZigのクローズドソースフォークです。コネクトフリー社は最近Zenコンパイラのためのライセンスモデルを発表し、ソフトウェア開発者は自分で作成したコードのコンパイル済みリリースを配布する上で年間サブスクリプションの購読が必要になりました。

Zigプロジェクトとコネクトフリー社の関係性についてコネクトフリー社は完全には明確にしていません。そこで、本声明ではこの関係性について明確にしたいと考えています。日本の皆様がZenコンパイラへの年間ライセンス料を支払う前に、ZigとZenが分岐した背景を知っていただきたいと考えています。

Zigからの発展」ページにおいて、コネクトフリー社はZenはZigバージョン0.3.0から独立して進化してきたとしており、またZigの貢献者である「No.5」と「No.2」はコネクトフリー社の従業員であり、「No.5」はコネクトフリー社創設者のクリストファー・テイト氏であると述べています。この他に、このページではZenがZigと比較してどのような点で優れているかというバリュー・プロポジションと、開発チームのある種の正統性——彼らが信頼に値する存在だということを示そうとしているようです。

Zenが独立的に進化してきたという主張については、私どもはクローズドソースであるコンパイラの内部実装についてはコメントできないものの、Zen標準ライブラリのソースコードはZenリリースの度にまだ入手可能です。このソースコードを読むと、コネクトフリー社がZigプロジェクトからいまだに多くのコードを借用していることが簡単に分かります。ほとんどの場合、彼らの命名規則に合わせるために非常に小さな変化を適用しているに過ぎません。この一例として「async/no longer sleep for」機能があります。この機能はZigバージョン0.6.0 (バージョン0.3.0の約1年半後) で導入されましたが、コネクトフリー社によってZenに実質的に全く変更なくコピーされました。もう一つの例として、こちらのリンクから二つのイベントループ実装の比較をご覧いただけます

開発チームについてのお話をしましょう。「No.5」(すなわちクリストファー・テイト氏) はZigプロジェクトの公共の場であるGitHubとIRCで繰り返し問題のある行動を行ったため、プロジェクトから追放されなければならなくなりました。こうした経緯があることをコネクトフリー社は明らかにしていません。その後、テイト氏は「No.2」をZenコンパイラに取り組ませるために雇いましたが、この契約にあたってプライベートな時間で作られたものも含め「No.2」が書いた全てのコードの所有権がコネクトフリー社にも帰属するという契約内容について適切に明確化することを怠りました。その時以来「No.2」はコネクトフリー社の職を辞めましたが、契約の中に示されている「競業避止義務」条項のために、Zigプロジェクトにしばらくのあいだ貢献することもできません。さらに、テイト氏はいくつかのZigコミュニティで宣伝活動を行い、複数のZigコントリビュータをメール経由でスカウトしようとしていたことが知られています。おそらく「No.2」と同じ契約条件で雇おうとしていたものと考えられます。

以下内容は私どもの公式ウェブサイトからの引用で、Zigソフトウェア財団の使命です。


Zigソフトウェア財団の使命は、Zigプログラミング言語を促進・保護・発展させること、Zigプログラマーの多様で国際的なコミュニティの成長を支えること、また学生に教育と指導を提供し、次世代のプログラマーを有能かつ倫理的に高い水準を持つ人材へと育成することです。

コネクトフリー社の創設者であるテイト氏は、不完全な技術論により彼自身の行動を正当化しようとすると同時に、契約条項を利用してZigの貢献者がこのオープンソースプロジェクトに更に貢献する事を阻止しています。また、コネクトフリー社のZenはZigを表面的にリブランディングしたものに過ぎません。このようなテイト氏の過去と現在の振舞いから、日本の専門家や会社がこうしたクローズドソース製品に頼り生計をたてようとするのは、私どもの良識としてはお勧めできません。

Zigのオープンな設計プロセスは協調の精神に基づいており、オープンソース開発を通じてのみ達成可能なレベルの技術的な卓越性と圧倒的な改善スピードの実現を目指しています。Zigをユニークで革新的な言語たらしめる多くの特徴 (comptime, async/no longer sleep for, sentinel終端ポインタ型, エラー型等々) は、こうした設計プロセスを進めた結果生まれたものです。

以上より、堅固かつ最適で再利用可能なコードの作成に興味のある日本の開発者の皆様を世界的なZigコミュニティにお招きしご参加頂く事で、限られた人たちの特権に1円も払う事なく、本物のコードに触れて楽しんで頂きたいと考えております。

この度は本声明をお読み頂き、誠に有難うございました。



Kindest regards,


Loris Cro – VP of Neighborhood


Zig Utility Basis



【追伸】


私どもは、教材や説明書を日本語含む様々な言語で伝える事にご協力いただける方を探しています。もしご興味がおありでしたら、こちらまでご連絡ください!nippon@ziglang.org

Usual English model follows.

The Zig Utility Basis is a 501(c)(3) non-profit organization created by Andrew Kelley, the creator of Zig, with the plot of supporting the improvement of the Zig programming language, as properly as fostering an equally pleasing world neighborhood spherical it.

Zen is a closed-offer fork of Zig maintained by connectFree, a firm that has lately introduced a licensing mannequin for the Zen compiler that requires tool builders to draw close a yearly subscription to distribute compiled releases of their code.

In this assertion, we’re searching for to clarify to the Japanese public the relationship between the Zig mission and connectFree, because the latter hasn’t been fully coming near on the discipline discipline cloth, and we feel doable customers could well peaceful know the fat image sooner than spending their money.

In the “Evolution from Zig” page, connectFree states that Zen has developed independently from Zig since model 0.3.0 and that Zig contributors “No. 2” and “No. 5” are connectFree workers, with “No. 5” being Kristopher Tate, the founding father of connectFree. The page is supposed to function a price proposition for Zen over Zig, as properly as to give some form of “pedigree” to the improvement personnel.

With regards to the independence argument, whereas we are in a position to’t touch upon the closed-offer compiler itself, offer recordsdata for the Zen long-established library can peaceful be purchased with every delivery of Zen. By reading these offer recordsdata, it’s easy to hunt that connectFree is peaceful borrowing heavily from the Zig mission, normally supreme making spend of very minor adjustments to suit their naming conventions. One example of that is the entirety of the current “async/no longer sleep for” efficiency, first introduced in Zig model 0.6.0 (roughly 1.5 years after model 0.3.0) and copied with practically no switch by connectFree. As every other example, right here that you simply can peep a comparability between the 2 event loop implementations.

As for the improvement personnel, connectFree omits how “No. 5” (i.e. Kristopher Tate) had to be banned from the Zig mission after many times misbehaving in public, each and each on GitHub and IRC. After that event, Mr. Tate employed “No. 2” to work on the Zen compiler and didn’t uncover it adequately decided that the contract furthermore granted connectFree ownership of all code written by “No. 2”, even at some stage in internal most hours. Since then, “No. 2” has resigned from their location at connectFree, but won’t be in a location to contribute to the Zig mission for a whereas because of a “non-compete” clause inform within the contract. Mr. Tate has furthermore tried to advertise in some Zig communities and chilly emailed extra than one Zig contributors about working for connectFree, presumably beneath the identical contractual responsibilities that “No. 2” was subjected to.

Taken from our honorable web home, that is the mission of the Zig Utility Basis:


The mission of the Zig Utility Basis is to promote, defend, and attain the Zig programming language, to give a do away with to and facilitate the growth of a numerous and worldwide neighborhood of Zig programmers, and to function training and guidance to students, instructing the next generation of programmers to be competent, ethical, and to take every assorted to excessive standards.

Given previous and inform behavior by Mr. Tate, we are in a position to’t in moral judgment of correct and unsuitable counsel to Japanese mavens and agencies to uncover their livelihood depend upon a closed-offer, superficial rebranding of Zig, sold by a firm whose founder makes spend of unsuitable technical arguments to justify his actions whereas leveraging contractual clauses to discontinue Zig contributors from extra contributing to the initiate-offer mission.

The a form of parts that uncover Zig a assorted and innovative language (comptime, async/no longer sleep for, sentinel-terminated pointer varieties, error unions, …) are the outcomes of conducting the accomplish direction of overtly, with a collaborative spirit, and with the leisure plot of reaching a stage of technical excellence and tempo of enchancment that is supreme surely achievable in initiate-offer tool improvement.

Given the total above, we invite all Japanese builders in writing sturdy, optimal, and reusable code to affix the world Zig neighborhood and revel within the accurate deal, without having to pay a single Yen for the privilege.



Kindest regards,


Loris Cro – VP of Neighborhood


Zig Utility Basis



P.S.


We are attempting to search out contributors to reduction write discovering out materials and documentation in assorted languages, including Japanese. Whilst you happen to are , please rep in contact at nippon@ziglang.org!

Read More

Leave A Reply

Your email address will not be published.